Q&A1.jpgのサムネール画像


配偶者の不貞相手に慰謝料請求をしようと考えており、自分なりに不貞に関する証拠を揃えたつもりですが、これで請求できるのか不安です。hurin3.PNG  

不貞に関する証拠には、探偵や興信所の調査報告書、メールやラインでのやり取りの証拠等がありますが、ご自分では不貞の立証をできると思っていても、弁護士に相談してみると、立証には不十分である、他の証拠と合わせてはじめて立証ができる、ということがわかる場合があります。


また、現在持っている証拠を元に、更に追加の証拠の収集が必要となる場合もあります。追加の証拠を収集するにあたっては、弁護士が委任を受けてそのお手伝いをする必要がある場合もあります。

 実際に慰謝料請求を始めてから証拠が不十分であったといったことにならないように、慰謝料請求をする前に、一度弁護士にご相談なさることをおすすめいたします。


 

 

Q&A1.jpg 慰謝料についてよくあるQ&A




地元仙台の弁護士が慰謝料問題を解決します。

ご予約はこちら:0120-657-687 電話受付時間9:00~18:00 夜間・土日祝日応相談 JR仙台駅より徒歩約12分。ウェスティンホテル仙台そばです。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●当事務所の解決事例
事務所紹介 弁護士紹介
弁護士費用 ご相談の流れ ●アクセスマップ

 

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687 
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。