Q&A1.jpgのサムネール画像

配偶者の不貞相手に対し、自分で慰謝料請求を行っても問題ないでしょうか?
hurin3.PNG
中には、ご自身で、不貞相手と直接会ったり、手紙でやり取り等を行ったりして、不貞相手に対し、慰謝料請求を行うという方もいらっしゃいます。

もっとも、本人同士であるために、感情的になって対立してしまい、全く話し合うことができないというケースも多く見受けられます。また、ご自身で対応される場合には、精神的な負担も相当大きいものと考えられます。

代理人として弁護士がつく場合には、弁護士から相手方に請求を行い、その後は弁護士が窓口となり、相手方と交渉等を行っていきますので、ご自身の精神的負担が相当軽減されるという大きなメリットがあります。また、当然、法律的な観点からも検討を行います。

相手方とご自身で交渉等を行うべきかどうかについて、どうしたらいいか困っていらっしゃる方などは、一度弁護士にご相談なさることをおすすめいたします。

 
 
Q&A1.jpg 慰謝料についてよくあるQ&A




地元仙台の弁護士が慰謝料問題を解決します。

ご予約はこちら:0120-657-687 電話受付時間9:00~18:00 夜間・土日祝日応相談 JR仙台駅より徒歩約12分。ウェスティンホテル仙台そばです。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●当事務所の解決事例
事務所紹介 弁護士紹介
弁護士費用 ご相談の流れ ●アクセスマップ

 

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687 
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。