Q&A1.jpgのサムネール画像


配偶者と不倫の相手方との間のLINEやメールを確保しているのですが、これらは不倫(不貞行為)の証拠になりますか?hurin3.PNG

内容によっては、証拠となります。

不倫(不貞行為)に基づく慰謝料請求や、離婚を求める場合、不貞行為、すなわち婚姻している相手以外の異性と性的な関係を結ぶことを証明していくことになります。

hurin.PNG

しかし、直接的に性交渉があったとわかる証拠としては、行為の様子を撮影した動画などがなければならず、そのようなものを証拠として集めることは非常に困難かと思います。

そこで、実際の裁判では、調査会社(いわゆる探偵)に依頼して撮った写真や、最近ではLINEやメールのやりとりを証拠として用いることがあります。
 
そのLINEやメールのやりとりから、ホテルに行ったことや、いずれかの家に宿泊したような経緯がわかり、確実に性行為に及んでいるだろうと考えることができるものであれば、証拠としては十分に証明力があるものといえます。

hurin2.PNGもし、不倫を疑うような証拠を発見した場合には、慰謝料請求などの証拠として十分であるか、専門家の弁護士へご相談いただくことをお勧めします。


 
Q&A1.jpg 慰謝料についてよくあるQ&A




地元仙台の弁護士が慰謝料問題を解決します。

ご予約はこちら:0120-657-687 電話受付時間9:00~18:00 夜間・土日祝日応相談 JR仙台駅より徒歩約12分。ウェスティンホテル仙台そばです。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●当事務所の解決事例
事務所紹介 弁護士紹介
弁護士費用 ご相談の流れ ●アクセスマップ

 

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687 
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。